上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは、はじめまして!

カクタスちゃんと申します 

アロマオイルについては、カレコレ10年以上前から興味はあり、

アロマテラピーの本を読んでみたり、
オイルを買って、お風呂に数滴入れてみたり、
アロマキャンドルをインテリアとして楽しんだり、
あるときはローションを作ってみたり、

広く浅くかもしれませんが、ずっと関わってきました。


2011年の夏休みにアメリカはユタ州に数週間行くことにしました。
アメリカでは住んでいたこともあるのですが、ユタは初めてでわくわくしながら 

渡米前のパッキングしたりやら準備中
いつもそうするように「ラベンダーオイル」もカバンの中へ。
ちょうど1か月前、自由が丘のオイル専門店で
オーガニックなフランス原産のラベンダーオイルを買ったばかりでした。

ユタで充実した毎日を送っていたある日・・・




現地の方から「この近くの会社で作られているアロマオイルだけど・・」 
そう紹介されたものが、doTERRA のアロマオイルのものでした。

もちろんアロマオイルが好きなので
「どれどれ~見せて!」ではあったのですが、
日本からも持参しているものが気に入っていたので、
ほしい!とかいう気持ちはなくて。

ところが、doTEERA(以下ドテラと表記しますラベンダーオイルの瓶のふたを開けた瞬間、
おおげさじゃなくて、その香りの分子の奥深さに体がおどろきました。

今までかなり安価な精油(たとえば100円ショップのモノ)が良質ではない香りであるということは
匂ってみれば一目瞭然(一匂瞭然?)だから知っていました。

でも、私が買っていたものはすべて有機農法と記されており、
香りも穏やかですごくよかったし、値段もそこそこだったので、
それ以上にやさしくて、まろやかで、力強くて、
大脳が心地よく刺激されるような感覚は初めてだったので、
なんだかショックでした。

頑固な性格なのか年のせいなのか、「これいいわよ~」なんておススメされても、
自分が納得しなければ、例え安くても絶対に買わない主義なのですが、

これは本当にいいモノなんだなと、直感しました。

円高ということもあって、アメリカでカード決済でまずは何本か自分用に、お土産用に買いました。

まだまだドテラのアロマオイルとの生活ははじめたばかりで真っ白な状態です。

ドテラ社の報酬プラン等についても全くわかっていません。(今はそれより製品そのものに興味があるので)

まずはもっとオイルのことを知りたくなってきました!

そんなわけで、重い腰(本当に重いよ・・)を持ち上げて、このブログをスタートさせます!

どうぞよろしくお願いします。



スポンサーサイト
2011.08.30 Tue l はじめまして! l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。